2 do薬票 - 前回処方箋発行システム

レセプトコンピューターメディコムシリーズ(パナソニックヘルスケア)向けパッケージのご紹介

慢性的な病気で通院していると、劇的な変化が無い限り「薬」は変化しません。このとき医師は前回と同じという意味でカルテや処方箋に「do」と書いています。これから命名したのがこのパッケージで、機能は前回の処方内容(DO処方)を発行するというものです。

特徴

◇前回までの処方内容をプリントアウト
必要な前回処方内容(DO処方)を、使いやすいオリジナルフォーマットの基本票として作成します。
◇簡単操作
操作は実に簡単、どなたでもすぐに扱えます。
◇事務処理がスムーズに
処方内容の転記作業から解放され、事務の軽減と転記ミスを防ぎます
処方内容は過去15ヶ月まで検索できます。
過去の処方内容から、今回分の処方箋を事前に発行出来ます。
定期的な処方のみ印字したり、また、臨時処方は印字しない等の指定が可能です。
◇薬剤師さんも大助かり!
見やすく、先生も薬剤師さんも大助かり、処方確認や調剤が的確に行なえます。
◇様々な書式に対応
院内処方箋、院外処方箋のどちらでも発行可能です。
任意の書式(基本票)に合わせてフォーマット設定、簡単に変更も可能です。
◇患者受付システムとの連携することでも発行可能
患者受付システムと連動することにより、患者さんが再来受付機の操作をした時点で自動的に医事課のプリンタへ外来基本票を印刷できます。
◇複数端末に対応
マルチ機能で複数端末同時に使用出来ます。


発行画面イメージ

患者指定発行画面 科、分類などを指定する連続発行画面
患者指定発行画面イメージ 連続発行画面イメージ


オーバーレイ印刷イメージ

外来基本票 院外処方箋
外来基本票イメージ 院外処方箋イメージ

システム構成

本体
パナソニック Newveシリーズ/MC-Xシリーズ
プリンタ
レーザプリンタ、ドットインパクトプリンタ、または ロール紙プリンタ

パッケージ内容

システムディスクCD
ライセンス証明書
操作手引書
インストールマニュアル

システム開発・アウトソーシングの高崎共同計算センター