2008/09/09発行 マーケットウェアネット [第22号]

 [おことわり] 文中に記載してあるURLは予告なくクローズされる場合があります。


 ★ ─────────────────── ─ ─ - -
    マーケットウェアネット [第22号]
   - - ─ ─ ─────────────────── ★
                     2008/09/09発行 №22


 こんにちは。高崎共同計算センターの清水です。


 9月1日は防災の日でした。そのちょっと前に
 集中豪雨が日本各地を襲い、大変な被害をもたらしました。


 防災用品セットはありますが、中身の点検をずっと怠っており
 食料はまだ何も準備していないという、中途半端な状態でした。


 何とかしなくてはと思っていたら、今月号の日経トレンディで
 地震対策グッズが特集されていました。かなり詳しい内容です。
 非常食も紹介されているので、参考にしてそろえることにします。


 でも、使わないですむのが一番なんですよね。


 それでは、今月も宜しくお願いします。


┌*CONTENTS*──────────────────────────★

| [1]新商品:ガーデックスポップ
| [2]連載:海外の販促事例(21)夏の映画とハンバーガー
| [3]あとがき

└────────────────────────────────★

※株式会社高崎共同計算センターから、当社営業が名刺交換をさせて
 いただいたお客様に、さまざまな情報をご案内しております。


 このメールは、等倍フォントにてご覧になることをお勧めします。


------------------------------
■ [1]新商品:ガーデックスポップ
------------------------------


 当社商品ラインアップに、新商品が登場しました。


 「ガーデックスポップ」です!


 耐水性、耐候性に非常に優れているため、ホームセンターの外売場、
 園芸コーナー、エクステリアといった屋外使用に向いています。
 発色も良いため、苗や花の写真などきれいに表現できます。


 実物をご覧になりたい方や、サンプルをお試しになりたい場合は
 このメールに直接ご返信いただくか、担当営業までご連絡ください。


 ┌ 「ガーデックスポップ」の詳細はこちら!
  http://www.tkcc.net/products/1715/

 └             

------------------------------
■ [2]海外の販促事例(21)夏の映画とハンバーガー
------------------------------


 最初に申し上げておきます。今月はかなり軽い内容です。


 夏休み、いろいろな映画が公開されました。
 見に行ったもの、行きたかったもの、DVDを待ちたいもの
 いろいろあるのではと思います。


 映画の宣伝というと、久石譲さんの物悲しい音楽とともに
 水野晴郎さんを思い浮かべます。
 映画ってほんっとうにいいもんですね。ってまた聞きたいです。


 そんな評論家の言葉を借りた映画宣伝は説得力があります。
 大人には影響が大きいはずです。


 一方、子供向けの映画になるとどうでしょう。
 言葉ではなく、もっと視覚的、感覚的な訴求が効果大です。


 たとえば、ファーストフード店とタイアップを結び、そこで
 おまけを配ることで子どもの興味を引く。というのは
 オーソドックスな手法の一つです。


 このような提携は、お店にとっても大変に有益です。
 映画のヒットがお店の利益向上につながるわけですから。


 そんな理由から、映画とタイアップした販促は、
 各国で、様々な形で実施されています。


 今回はアメリカでの実例を取り上げてみました。
 アメリカの大手、バーガーキングと、日本でもおなじみ
 マクドナルドがタイアップした結果、どのように既存店の
 売り上げが変わったのかをご紹介したいと思います。


 この2社、タイアップ先の選び方、アピールするターゲット、
 取扱商品、どれも少しづつ異なっていて、案外面白いんです。


 さて。どちらが売り上げを伸ばしたと思いますか?


 ┌ 「夏の映画とハンバーガー」の詳しい話はこちら!
  http://www.tkcc.net/retail/1720/

 └             

------------------------------
■ [3]あとがき
------------------------------


 先日、富士山に登ってきました。
 河口湖側から登りました。最初は快調だったのですが
 7合目を過ぎた頃から、雨と雹と雷が激しくなりました。


 8合目に着いた頃は、日が落ち真っ暗でした。
 闇の中、山小屋を目指して登るのですが、行けども行けども
 小屋は現れず、どんな罰ゲームなんだろうと思っていました。


 泊まった山小屋で酸欠になりました。空気が薄い上に、
 狭いところで大勢で雑魚寝したためだと思います。
 それ以上登る気概もなく、その山小屋からご来光を望みました。


 日が昇る様は、神々しかったです。
 紅く染まる雲海、寒さが緩む感覚、色が変わる太陽。
 何もかもが神秘的でした。
 大地は美しく力強い。そして人間は小さい。理解できました。
 いいもの見せていただきました。


 転がるように下山して万歩計を見たところ、二日で4万歩くらい
 歩いていました。足や肩や、そこらじゅうが痛いわけです。


 結論。
 富士山は遠くから見るのがいいです。登るものではありません。

システム開発・アウトソーシングの高崎共同計算センター