2009/03/17発行 マーケットウェアネット [第28号]

 [おことわり] 文中に記載してあるURLは予告なくクローズされる場合があります。


★ ─────────────────── ─ ─ - -
    マーケットウェアネット [第28号]
   - - ─ ─ ─────────────────── ★
                     2009/03/17発行 №28


 こんにちは。高崎共同計算センターの水出です。


 最近ニュースでは花粉情報が毎日のように伝えられています。
 私もどうやら花粉症にかかってしまったようです。


 3年前に花粉症の症状が表れ、大変だった記憶があります。
 しかし、次の年には何ともなかったので油断していました。


 花粉症にかかる人はここ数年で急増しているそうです。
 花粉症にかからない為には、
 マスクやメガネをしたり、うがい手洗いをするなど
 花粉に接しないように予防することが大切です。


 また、花粉症の症状が出た際にも諦めてはいけません。
 初期の段階であれば鼻粘膜の炎症が進んでいないので、
 治療を開始すれば症状を軽くすることができるそうです。


 まずは予防。
 症状が出てきたと思われたら、早めの治療に限るそうです。

 
 それでは、今月も宜しくお願いします。


┌*CONTENTS*──────────────────────────★

| [1]変わっていく医薬品市場
| [2]連載:海外の販促事例(27)米国最大手Dg.S・ウォルグリーン
| [3]リテールテックジャパン2009
| [4]あとがき

└────────────────────────────────★

※株式会社高崎共同計算センターから、当社営業が名刺交換をさせて
 いただいたお客様に、さまざまな情報をご案内しております。


 このメールは、等倍フォントにてご覧になることをお勧めします。


------------------------------
■ [1]変わっていく医薬品市場
------------------------------


 4月から医薬品売り場が変わります。
 その大きな理由は、医薬品の区分が義務化されるからです。
 また6月から改正薬事法が施行されます。

 
 ここにきて、医薬品市場が急激に変化します。


 そこで今回は、薬事法が改正されることで何が変わるのか。
 また変わることで売り場では何をしていかなければならないのか
 採り上げました。


 まだまだ明確になっていない点なども多くありますが、
 消費者が安心して医薬品を購入できる環境づくりの
 参考にしていただけたらと思っております。


 ┌ 「登録販売者制度」の詳しい話はこちら!
  http://www.tkcc.net/retail/389/

 └             
------------------------------
■ [2]海外の販促事例(27)米国最大手Dg.S・ウォルグリーン
------------------------------


 アメリカに行く機会があったら、
 一度訪れてみたいと思っているドラッグストアがあります。


 お客様の滞在時間は短いですが、リピート率が抜群に高く、
 全土に6600店舗を構え、年間14億人が訪れるという
 ウォルグリーンです。


 このウォルグリーン、「お客様のために」という強烈な信念の元
 様々なサービスを立ち上げ、地域に受け入れられ、
 今やアメリカ本土にしっかりと根付いています。


 『ウォルグリーン ― 世界No.1のドラッグストア』という本が
 あります。ドラッグストア業界では教科書的存在の本だと
 聞いたことがあります。
 経営者が戒めとしている十戒や、経営方針をはじめとして
 販促計画や陳列と売上の関係など、ドラッグストア業界に限らず
 読むと勉強になることがたくさん書かれていました。


 薬事法の改正に伴い、新たに薬の販売に取り組む会社もあるかと
 思います。参考にするものはたくさんあるかと思いますが、
 その一つとして、アメリカの最大手をご紹介します。


 ┌ 「米国最大手Dg.S・ウォルグリーン」の詳しい話はこちら!
  http://www.tkcc.net/retail/1623/

 └             

------------------------------
■ [3]リテールテックジャパン2009
------------------------------


 第25回流通情報システム総合展「リテールテック JAPAN 2009」が
 3月3日(火)~6日(金)の4日間、東京ビッグサイトで開催されました。
 弊社は、本年もこの展示会に出展しました。


 期間中、会場には約15万人の方が来場されたそうです。
 当ブースには約160人の方が足を運んでくださいました。
 ありがとうございます。心から感謝いたします。


 出展する側として拝見しておりますと、やはり、世界的な不景気の
 影響は大きく、現状維持、もしくはコスト削減につながるものを
 お求めのお客様が多いご様子でした。


 確かに、新たなものを導入する場合、「収益・利益があがる」か
 「経費が削減できる」かのいずれかを満たすことが条件となってきます。


 そんな中、大きなスクリーンで映像を流した為か、OneToOne技術に
 興味を示してくださるお客様がいらっしゃいました。
 パーソナルな商材ですので、感謝の気持ちを表現しやすいものです。
 キャンペーンや販促にご利用いただくには、最適な商品かと思います。


 他展示会でもなかなか興味深いものがありました。


 ●建築・建材展2009
  都会などの屋上で菜園ができるキットを販売しています。
  「空中菜園」と命名されていました。
  夏にかけて、省エネに結びつきますね。
  一緒にガーデックスポップをお使いになりませんか?


 ●JAPAN SHOP2009
 「香り」で集客を図る販促を提案しているところが多かったようです。
 2年位前のアメリカのトレンドが上陸してきたかもしれません。


 今年も多くの方の声を直接お聞きすることができ、大変勉強になりました。
 様々なご意見を真摯に受け止め、これからに活かしていきたいと
 考えております。


 ありがとうございました。


------------------------------
■ [4]あとがき
------------------------------


 先日、駅で袴姿の女性を見かけました。
 卒業式を思い出し、懐かしくなりました。


 来月になると、新しい環境へ羽ばたくフレッシュな人たちが
 きっとたくさんいらっしゃることと思います。


 同じところにずっといると、刺激に鈍感になり、柔軟な発想が
 だんだんと出来なくなってきます。
 そうならないように、常にアンテナを張り巡らしたり、
 人との出会いを大切にしていきたいなと改めて思いました。

システム開発・アウトソーシングの高崎共同計算センター