バレンタインデー

2月14日はバレンタインデーです。

バレンタインデーは日本だけではなく、 多くの国で行われている記念日です。
しかし、その内容は各国それぞれ。

そこで、今回は海外のバレンタインデーとその販促についてご紹介します。



まずは、4ヶ国のバレンタインデーの内容を少々お楽しみ下さい。


 日本


一般的に、バレンタインデーに女性が男性にチョコレートを渡します。
最近ではバレンタイン商戦の新たな市場も出てきました。
ここでいくつかご紹介します。


 ・本命チョコ → 意中の人、恋人に贈るチョコ

 ・義理チョコ → とりあえず贈っておく (義理堅い日本ならではのチョコ)

 ・ご褒美チョコ → ご褒美として自分自身に贈るチョコ

 ・友チョコ → 女性の友人同士で贈りあうチョコ

 ・ファミチョコ → 家族に贈るチョコ

 ・世話チョコ → お世話になった人に贈るチョコ (義理チョコと同じようなもの)


そして、そのお返しにホワイトデーに男性が女性にプレゼントします。


 アメリカ


バレンタインデーに男性から女性にカードや花を贈ったり、外食するのが定番。
お返しとなるホワイトデーは存在しないようです。

 韓国


日本同様、女性が男性にチョコレートを渡します。
そしてホワイトデーもあります。
ただ、変わっている点として4月14日にはブラックデーがあります。
ブラックデーとは、恋人がいない人のための日。
バレンタインデー、ホワイトデーと2ヶ月続いた恋人達の記念日でストレスが溜まった人々がジャージャー麺を食べる日です。
ちなみにジャージャー麺を食べる理由は、ジャージャー麺の真っ黒なソースが暗く重たい気持ちを反映しているからだとか。
凝った人だと黒い服を着るなど全身黒ずくめでジャージャー麺を食べるそうです。


 中国


バレンタインデーには贈り物をします。
男性が女性にプレゼントする方が多いようですが、基本的には双方向に贈り物を交換するようです。
贈り物はバラの花が定番。
ただ近年は多様化、高額化しているということです。


多くの国がバレンタインデーというと男性から女性へ、またはお互いにプレゼントといったところが多いようです。
女性から男性へプレゼントというのは日本のひとつの特徴でしょうか。
女性の私といたしましては、この辺を突いた新たな商戦を今後期待するばかりです。


共通していることは、どの国もバレンタイン商戦には必死さを感じます。



各国のバレンタインデーの内容はこの辺にして、
ちょっと変わった販促活動がありましたので2つほどご紹介します。


その変わったと言うのは、2つともターゲットを変えた販促活動です。


 自分自身へのプレゼント


バレンタインデーというと、恋人などをターゲットに誰かにプレゼントを贈るという目的の販促が根強いと思います。
しかし、昨年アメリカでは相手がいない人のために自分自身へプレゼントを贈る目的の販促をし成功しました。


その例に、衣料品小売大手ギャップ傘下のオンライン店パイパーライムが1月半ばからのバレンタイン販促で、

顧客に自分への贈り物を提案する電子メール広告「私から私へ。×○×○」を送ったことがあります。


この試みをした背景には、2005年の米地域調査で未婚、別居中、離婚経験者もしくは夫を亡くした女性の数は、

15歳以上の全女性の約半分に当たる約5800万人であったことが影響しているのです。
この数は年々増えたこともあり、ついに昨年、自分自身へ贈るプレゼントと言う販促を行ったのです。
この効果もあり、2007年のバレンタイン商戦の消費者1人当たりの平均支出は、2006年より高い結果となったようです。


実際に恋人募集中の女性がバレンタインデーにペンダントやイヤリングなどを自分のために購入している人が増えているそうです。
ここで、商売人のメルビス氏は「女性は他人と同じくらい、でなければ少し余計に『自分を愛している』と言うようになった。
いいことですよ」と言っています。


実はこれと似た販促は日本にも存在し、「ご褒美チョコ」がこれにあたります。
やはり、どこの国でも自分自身へのプレゼントは注目されそうです。


 反バレンタインのみなさまへのプレゼント

 

物事に対しての反対派は付き物で、こんなところにも実は反対派が存在しトレンドとさせていたのです。
もちろん、各国にも反バレンタイン派は多少なりとも存在するとは思いますが、
アンチ・バレンタインビジネスをトレンドさせてしまうのはさすがアメリカといったところでしょうか。


このアンチ・バレンタイン向けの商品をいくつかご紹介します。
(http://www.cafepress.com/groovynetgear/203114[英文]より)


1-メッセージカード

 

「Love is for losers.」
訳→愛など敗者のためにあるもんだ
いきなり愛の否定です。
価格は、約1,970円($17.99)。


2-テディベア

 

「Love Hurts !」
訳→愛など苦痛だ!
文字通りヒビの入ったハートのかわいらしい服を着たテディベア。
価格は、約1,750円($15.99)。


3-Tシャツ

 

「Happy Anti Valentine’s Day !」
訳→幸せな反バレンタインデー!
まさに、反バレンタインデーにふさわしいTシャツ。
価格は、約1,970円($17.99)


などなど、反バレンタイン商品は数多く出ています。
アメリカでは、一昨年反バレンタイン派が盛り上がりを見せていました。
果たして、今年はどんなバレンタイン販促が見られるのか興味深いところです。


そして、この販促は日本のトレンドになるかというと微妙なところですが話題性という面で、

バレンタイン販促のかたわら反バレンタイン販促をやってみてもいいのかなとか思います。
お店でバレンタインコーナーと反バレンタインコーナーがあったら
面白いななんてちょっと微笑んでしまいました。


これからがバレンタイン販促の時期。
健闘を祈るばかりです。


弊社ではバレンタイン用の汎用デザインを多数取り揃えております。
販促ツールも是非ご検討を宜しくお願いいたします。



2008/01/18 作成

システム開発・アウトソーシングの高崎共同計算センター