AdTag

お客様が「これを買おう」と決断する機会の3分の2は、店頭で商品を目にしたときだと言われています。
だからこそ、店頭での販促活動は大変重要になってきます。


商品自体に魅力があることが売れる一番の理由ですが、

店頭で販売員の代わりをする販促物に力を注ぐことも、商品が売れる大きなきっかけにつながります。


今回は、米国の大手流通業で取り扱っている販促物をご紹介します。


AdTag (アドタグ)
      Advertisement … 広告 / Tag … 札

(http://www.vestcom.com/index.php[英文]より)

詳細 形状は弊社商品プラポップと同じ。
プライスカードの下部にその商品広告・用途あるいは該当商品と同じメーカーの商品広告を載せます。
他の商品の広告を載せることにより、クロスマーチャンダイジングを可能とします。
店舗のメリット 費用はメーカーの広告料から負担されるため、小売側は無料のようです。
年間11%の販売増加に貢献し、クロスMDに活用しています。
お客様へのメリット 新商品の宣伝サポートができます。
目玉商品の特徴や特典の強調ができます。
用途 栄養情報・使用例・類似商品との比較・改良点の紹介。
ワインなど、お酒に使われる事例が多いようです。

※「AdTag」は米国Vestcom社の登録商標です。


 使用例


 ・上部:プライスカード + 下部:上段商品の説明

    ラム酒の質の良さ、上品さの説明をしています。
    あとはお約束の「お酒を飲むのは自己責任で」のメッセージが書かれています。


 ・上部:プライスカード + 下部:上段商品の関連商品の広告

    ブドウ畑の挿絵とワインの味などについて説明しています。


 ・上部:プライスカード + 下部:上段商品と同じメーカーの商品紹介

    ウィスキーのプライスカードですが、雑誌にメーカーズマーク社が掲載された為、
    同社のシャンパンが広告として掲載されています。
    クロスMDの一例といえます。


 ・上部:プライスカード + 下部:上段商品についての別の角度からの説明

    手軽に飲めること・飲んだあとのビンについての説明がされています。

    環境・エコの側面から販促活動をしています。



2007/01/16 作成

システム開発・アウトソーシングの高崎共同計算センター