2011/04/21発行 マーケットウェアネット [第53号] 

 [おことわり] 文中に記載してあるURLは予告なくクローズされる場合があります。


★ ─────────────────── ─ ─ - -
    マーケットウェアネット [第53号]
   - - ─ ─ ─────────────────── ★
                     2011/04/21発行 №53

 

 こんにちは。高崎共同計算センターの水出です。


 「春眠暁を覚えず」
 孟浩然の漢詩の一部で、春の夜は短い上に寝心地がよく、
 朝になってもなかなか目が覚めないということ。


 この時期よく使われる言葉で、朝が弱い人には深刻な問題でもあります。


 そこで、朝すんなり起きるためにはどうしたらよいのか調べてみました。
 人にもよるため決定的なものはありませんが、
 生活習慣を改善することが多く取り上げられていました。


 一例を挙げると寝る前にはたばこやお酒、食事、
 そしてカフェインを含む飲み物などを控えることがあります。

 
 なかなか試みるとなると難しいこともあるかもしれませんが、
 目覚めが悪い場合には少し意識してみるのもよいかもしれませんね。  


 それでは、今月も宜しくお願いします。


┌*CONTENTS*──────────────────────────★

| [1]今後需要がありそうな企画

| [2]連載:海外の販促事例(9)時にはシンプルなデザイン広告も

| [3]あとがき

└────────────────────────────────★

※株式会社高崎共同計算センターから、当社営業が名刺交換をさせて
 いただいたお客様に、さまざまな情報をご案内しております。


 このメールは、等倍フォントにてご覧になることをお勧めします。


------------------------------

■ [1]今後需要がありそうな企画

------------------------------


 東北地方太平洋沖地震後、
 復興支援や消費を促すような企画が多くの企業で取り組まれています。
 そこで、今後需要のありそうな企画を2つご紹介します。


 ひとつは、復興支援に関する企画。
 折り込みチラシやポップなどでよく見かける
 「がんばろう、日本」といった復興支援企画。
 さまざまな方法で多くの企業が実施しています。

 
 もうひとつは、夏の節電に対する企画。
 電力需要の高まる夏には、再び実施されると言われている計画停電。
 早くも節電しながら暑さを防ぐ商品専用売り場が設置されたり、
 問い合わせや注文が急増するなど、
 小売店だけでなくメーカーでも動きが出ています。
 節電しながら涼をとることのできる商品に注目が集まっています。


 今年の夏は企画と訴求方法次第で、消費が活発になり
 微力ながらも復興につながるように思います。
 詳しくは下記をご覧ください。


 ┌ 「今後需要がありそうな企画」の詳しい話はこちら!
  http://www.tkcc.net/retail/2114/

 └  

------------------------------

■ [2]連載:海外の販促事例(9)時にはシンプルなデザイン広告も

------------------------------

   

 「デザイン」というと、ものすごく制作に時間を要し、
 ものすごく独創的で手が込んでいるイメージを抱きがちです。

 
 しかし、このイメージに反して必要最小限しか手を加えていない
 デザイン広告の展開を行う事例がありました。

 
 シンプル過ぎて説明がないと何を表しているのか理解しがたいデザイン。
 しかしそれは、驚きを持って受け止められ印象に残ったりします。


 シンプルなデザインほど訴求力の大きさやユーモア、
 アイデアが溢れていたりします。


 今回はそういったアイデア溢れるシンプルなデザイン広告をご紹介します。
 新たな発見もあるかもしれません。
 詳しくは下記をご覧ください。

 
 ┌ 「時にはシンプルなデザイン広告も」の詳しい話はこちら!
  http://www.tkcc.net/retail/2096/

 └

------------------------------

■ [3]あとがき

------------------------------

 

 今になって、懐中電灯を購入しました。


 計画停電実施の発表があった直後、
 懐中電灯を購入しようと思った時には後の祭り。
 ホームセンターも家電量販店も、どこへ行っても品切れ状態でした。


 そんなに防災対策をしていない人が多いのかと思いましたが、
 自分もそのひとり。
 防災に対する意識が薄いなと反省しました。


 計画停電が実施されない今、懐中電灯の必要性は薄れつつあります。
 しかし、何かあった直後では二の舞。


 災害は突然やってくるものですから、
 懐中電灯だけでなく防災用品も併せて備え、
 すぐに使える準備と保管も必要だと感じています。

システム開発・アウトソーシングの高崎共同計算センター