2011/12/22発行 マーケットウェアネット [第61号]

 [おことわり] 文中に記載してあるURLは予告なくクローズされる場合があります。


★ ─────────────────── ─ ─ - -
    マーケットウェアネット [第61号]

   - - ─ ─ ─────────────────── ★
                     2011/12/22発行 №61 


 こんにちは。高崎共同計算センターの水出です。


 先日、前々から気になっていた
 塗るホッカイロというものを購入してみました。


 ハンドクリームのような感じで、実際に手の甲や腕に塗ってみると、
 ほんのわずかですが温かくなったような感じがしました。


 塗るホッカイロは、発熱効果のある鉱物ゼオライトと
 保湿効果のあるポリエチレングリコールの温感パウダーが
 肌表面の水分と反応して発熱するため温かくなります。

  
 実際にサーモグラフィーを使い表面温度を測定した結果によると、
 塗ってから1時間後も塗る前と比べて温度が上昇していました。 

 
 しかし、商品開発の難しさなどから競合がいないため、
 現在市場がなかなか育たないとのことでした。
 競合がいないことはメリットばかりではないことを改めて感じました。

 
 ですが、よりよい商品の追求と日々の研究、改善を行っているそうで、
 今後より温かい塗るホッカイロの登場と市場拡大に期待したいと思いました。


 それでは、今月も宜しくお願いします。


┌*CONTENTS*──────────────────────────★

| [1]データ入力アウトソーシングのご紹介

| [2]連載:海外の販促事例(7)インフラと化したデジタルサイネージ

| [3]あとがき

└────────────────────────────────★

※株式会社高崎共同計算センターから、当社営業が名刺交換をさせて
 いただいたお客様に、さまざまな情報をご案内しております。


 このメールは、等倍フォントにてご覧になることをお勧めします。


------------------------------

■ [1]カラーユニバーサルデザイン

------------------------------

 

 今回はカラーユニバーサルデザインを取り上げてみました。


 現在、カラー印刷技術の発達や電子機器の発達により、
 色は重要な情報伝達手段になってきました。
 しかし、色での情報伝達は通常と異なる色覚特性を持つ方にとっては
 情報が読み取りにくく、不便を感じさせてしまう場合もあります。


 そこで重要となってきたのが、
 すべての人に美しく感じられるデザインであり
 情報を正しく伝えるためのカラーユニバーサルデザイン。


 普段私たちが取り扱っている、POPを例に色の見え方や
 カラーユニバーサルデザインを意識した配色の一例などに触れてみました。


 商品を売るための手助けをするPOPは、有効に活用してこそ効果が現れます。
 見やすいPOPで商品訴求を行い、売上げにつなげていきたいですね。 

 

 ┌ 「カラーユニバーサルデザイン」の詳しい話はこちら!
  http://www.tkcc.net/retail/3078/

 └             

------------------------------

■[2]連載:海外の販促事例(57)インフラと化したデジタルサイネージ

------------------------------

   

 韓国の地下鉄には至る所にデジタルサイネージが設置されています。
 デジタルサイネージは、動きのある広告が表示可能ですが、
 情報を受け取る側の必要な情報を提供することは難しいものです。


 そうした中、韓国ソウルの地下鉄には広告機能を持ちつつ、
 情報を受け取る側が指でタッチするだけで必要な情報を選択できる
 デジタルサイネージが設置されました。


 このデジタルサイネージは、自分で必要な情報を入手することができたり、
 近郊店舗情報と連動してクーポン情報を提供したりなど
 効率よく情報提供ができるため広告効果も得られます。


 韓国ではこうしたデジタルサイネージが、至る所に設置されているため、
 もはやインフラとして活用されています。


 この他の機能や日本では見かけないデジタルサイネージの一例など
 詳しくは下記をご覧ください。


 ┌ 「インフラと化したデジタルサイネージ」の詳しい話はこちら!
  http://www.tkcc.net/retail/3070/

 └              

------------------------------

■ [3]あとがき

------------------------------

 

 2012年のおせち料理のトレンドを紹介しているサイトがありました。
 そこには、東北復興支援おせち、お試しおせち、
 おひとり様おせち、ダイエットおせちなどが挙げられていました。


 まず、東北復興支援おせちは売上げの一部を被災地に寄付するというもの。
 そして、お試しおせちはおせちの内容と価格を気にする消費者向けに、
 安価でお試し商品として販売しているそうです。

 
 さらに、お正月は帰省せずに一人で過ごす予定の人やおせちは少量で
 十分という人向けにおひとり様おせちも話題になっています。
 少量なので手頃な価格設定も魅力のひとつになっています。


 最後は、お正月太り対策用のダイエットおせち。
 砂糖を一切使わず、体にやさしい食材を使った健康的なおせちです。


 消費者の細かな需要に合わせた商品開発が、
 ますます重要になってきているように感じました。

システム開発・アウトソーシングの高崎共同計算センター