2012/01/26発行 マーケットウェアネット [第62号]

 [おことわり] 文中に記載してあるURLは予告なくクローズされる場合があります。


★ ─────────────────── ─ ─ - -
    マーケットウェアネット [第62号]

   - - ─ ─ ─────────────────── ★
                     2012/01/26発行 №62 


 こんにちは。高崎共同計算センターの水出です。


 謹んで新年のご挨拶を申し上げます。
 昨年中は格別のお引き立てを賜り、心よりお礼申し上げます。
 本年もどうぞよろしくお願いいたします。

 
 今年の干支である辰は、
 十二支の中で唯一架空の動物であり、勇壮なイメージがあります。
 そんな龍のように勇ましく、時には夢を描きながら
 一日一日を過ごしたいと思っております。 

 
 それでは、今月も宜しくお願いします。


┌*CONTENTS*──────────────────────────★

| [1]スキャニングサービスのご紹介

| [2]連載:海外の販促事例(58)2011年米国ヒット商品からビジネスを学ぶ

| [3]あとがき

└────────────────────────────────★

※株式会社高崎共同計算センターから、当社営業が名刺交換をさせて
 いただいたお客様に、さまざまな情報をご案内しております。


 このメールは、等倍フォントにてご覧になることをお勧めします。


------------------------------

■ [1]スキャニングサービスのご紹介

------------------------------

 

 日々仕事をしていく上で、どうしても増えてしまう書類などの紙類。

 
 情報共有するべき書類が上手に共有されない。
 顧客情報や契約書などの重要書類の紛失が心配。
 保管するものが多くキャビネットに入りきらない。
 ファイリングや必要な書類を探すのに手間と時間がかかる。
 使用頻度が高い書類は紙の劣化や汚れがひどい。

 
 以上のような問題に直面した時には、
 弊社のスキャニングサービスがきっと役立ちます。
 書類の保管や整理でお困りでしたら、お気軽にお問い合わせください。
 詳しくは、下記をご覧ください。  


 ┌ 「スキャニングサービスのご紹介」の詳しい話はこちら!
  http://www.tkcc.net/retail/3107/

 └              

------------------------------

■[2]連載:海外の販促事例(58)2011年米国ヒット商品からビジネスを学ぶ

------------------------------

   

 毎年この時期にアメリカの広告専門誌Advertising Ageが
 発表しているヒット商品をチェックしています。
 その数は年々減り続け2011年は26種類と、
 2010年より11種類も減ってしまいました。


 今回はこの2011年のヒット商品の傾向と、
 その中のひとつで日常生活の不便に思うことの改善が
 ビジネスにつながった事例をご紹介します。


 さらにこのビジネスが注目を浴びるようになった、
 ソーシャルメディアの上手な活用方法にも触れてみたいと思います。
 意外とアイデアは身近なところから生まれるのかも知れません。
 詳しくは下記をご覧ください。


 ┌ 「2011年米国ヒット商品からビジネスを学ぶ」の詳しい話はこちら!
  http://www.tkcc.net/retail/3098/

 └              

------------------------------

■ [3]あとがき

------------------------------

 

 先週、芥川賞受賞者の発表がありました。
 これを機に、芥川賞受賞作品に触れてみることにしました。


 これまで受賞作品を読んだことがなかったので、
 とっかかりとしてAmazonの人気ランキングをもとにおすすめしていた
 西村賢太氏著書の「苦役列車」を読んでみました。


 変わらない日々に、突然の変化。
 主人公の偏狭な考え方で、再び変わらない日々に戻ってしまう
 というのがこの作品の非常に簡単なあらすじです。
 内容や展開は分かりやすく、格調の高い作品です。
 主人公にもう少し寛容の精神があれば、
 変われるチャンスを活かせたのではないかと感じました。


 純文学の芥川賞受賞作品は、感じるものがあります。
 まだまだ多くの作品がありますので、読んでいきたいと思います。

 
 2012年最初のニュースレターはいかがだったでしょうか。
 今後もより一層皆様のお役に立てる情報を発信できるように
 努めてまいりますので、宜しくお願い致します。

システム開発・アウトソーシングの高崎共同計算センター