レシートでone-to-oneレシピ提供

2012年6月17日から23日まで、
世界で最も威厳のあると言われている広告賞カンヌライオンズが開催されました。
開催後1ヶ月間程度は、カンヌライオンズ本部のオフィシャルサイトで
各部門の受賞作品が見られるため目が離せません。
本部のオフィシャルサイトは英文であるため理解するのに苦労する部分もありますが、
画像や動画もあるので見ていて飽きないように思います。


そういった特徴のあるオフィシャルサイトから今年の受賞作品を見ていると、
DIRECT LIONS(ダイレクト部門)Silverの一覧にレシートが表示されている画像がありました。



興味があったので詳細のページを見ると、アメリカのマヨネーズメーカーHellmann’sが
ブラジルの高級スーパーマーケットst marcheで展開した販促キャンペーンでした。
今回はこの販促キャンペーンについてご紹介したいと思います。


 

 レシートでone-to-oneレシピ提供

 

マヨネーズの使い道と言えばサンドイッチにぬるくらい、というブラジル。
これでは消費量の増加は見込めず、売り上げも期待できません。


そこでHellmann’sは、消費量を増加させるために、
マヨネーズを使ったレシピを消費者に提供することを考えました。


提供するにあたり、ターゲットはHellmann’sのマヨネーズを購入した人に絞りました。
そしてマヨネーズを購入した人だけに、
同時に購入した食材とマヨネーズを使ったレシピをレシートに印字して提供しました。


この仕組みを実現するために、マヨネーズと同時に購入した食材が使われているレシピデータを
検索するソフトウェアをst marcheのレジに導入しました。
レシートには検索されたレシピデータの料理名、材料と分量、作り方が細かく印字されます。



またst marcheの店内にはHellmann’sのマヨネーズを買うと、
レシートにサプライズがあることをアピールした販促物が展示されています。
デザインはマヨネーズの商品パッケージと簡単なキャッチコピーで非常にシンプルですが、
販促物は大きく色も映えるため目立っています。



この販促キャンペーンは、st marche各店舗計100台のレジに導入され、3ヶ月間にわたり実施されました。
結果、st marcheではHellmann’sのマヨネーズの販売量が1ヶ月間で44%も増加しました。


この販促キャンペーンは、献立に悩んでいる主婦層に人気があったようです。
レシピの提供によりマヨネーズの消費量は増加し、マヨネーズを購入する機会が増え、
結果的に売上増加につながりました。


(画像は全てhttp://www.canneslions.com/work/2012/direct/entry.cfm?entryid=34406&award=3[英文]より抜粋)



最後になりますが、この販促キャンペーンのすばらしいところは、
Hellmann’sのマヨネーズを購入すると同時に購入した食材によってさまざまなレシピを提供してくれるところ。
one-to-one販促キャンペーンとも言えます。


そして、お財布の中に入れて持ち帰るレシートにレシピを印字したことも効果があったように思います。
こういった販促キャンペーンは過去になく、メディアや口コミで話題となりました。
身近にあるものでも工夫ひとつで売上増加のツールに変わることを、しみじみ感じました。



2012/07/17 作成

システム開発・アウトソーシングの高崎共同計算センター