2013/08/20発行 マーケットウェアネット [第81号]

 [おことわり] 文中に記載してあるURLは予告なくクローズされる場合があります。


★ ─────────────────── ─ ─ - -
    マーケットウェアネット [第81号]

   - - ─ ─ ─────────────────── ★
                    2013/08/20発行 №81


 こんにちは。高崎共同計算センターの水出です。
 
 厳しい暑さが続く今年は、エアコンの大活躍。
 家庭で夏の日中に最も消費する電気機器はエアコンで、
 消費電力の50%以上を占めています。
 そこで、エアコンの機能に着目した手軽にできる
 電気代の節約方法に触れてみたいと思います。

 

 エアコンをつけた時、設定温度になるまでは消費電力が増えます。
 そして、設定温度になるとその後の消費電力は減ります。
 
 そのため、設定温度まで短時間で室内を冷やした方が
 消費電力は減り、電気代の節約になるそうです。
 ここでエアコンの風量を、強風にすることで
 室内が短時間で冷え、節約につながります。
 
 最も手軽な設定は自動で、つけ始めは強風、
 設定温度になると弱風に自動で切り替わります。


 エアコンをかしこく使い、まだまだ続く暑い日を乗り切りたいですね。
 
 それでは、今月も宜しくお願いします。


┌*CONTENTS*──────────────────────────★

| [1]POPのPDF配信のご紹介

| [2]連載:海外の販促事例(77)マヨネーズメーカーの巧みな販促

| [3]あとがき

└────────────────────────────────★

※株式会社高崎共同計算センターから、当社営業が名刺交換をさせて
 いただいたお客様に、さまざまな情報をご案内しております。


 このメールは、等倍フォントにてご覧になることをお勧めします。


------------------------------

■ [1]POPのPDF配信のご紹介

------------------------------

 

 弊社では通常のアウトソーシングの他に、
 POPデータをPDFに変換して、
 メールでご指定先に送信するサービスも行っております。
 
 短時間でお届けできるので、すぐに使いたいPOP等に大変便利です。

 

 お手持ちのパソコンにAdobe Systems社が無償で提供している
 Adobe Readerが入っていればご利用いただけます。 


 大量分はアウトソーシング、少量分や緊急時はPDF配信を
 ご利用くただくと時間もコストも有効的です。


 是非一度ご検討ください。


 ┌ 「POPのPDF配信」の詳しい話はこちら!
  http://www.tkcc.net/products/1826/
  └              
            

------------------------------

■ [2]連載:海外の販促事例(77)マヨネーズメーカーの巧みな販促

------------------------------


 昨年、アメリカのマヨネーズメーカーHellmann’sは、
 自社のマヨネーズを購入した人に、同時に購入した食材とマヨネーズを
 使ったレシピをレシートに印字して提供する販促を実施しました。

 

 この販促を実施した期間は販売量が増加するなど、
 非常に効果がありました。

 

 このHellmann’sが、今年は二つの販促を展開しました。 
 ひとつはショッピングカートを活用した販促で、
 もうひとつはスロットマシーンを活用した販促です。


 前者は消費者を満足させ、メーカー側も小売店側も
 win-winの関係になる販促で成功を収めました。
 後者はとにかくユーモアに富んだ販促になっています。


 詳しい内容は下記をご覧ください。
  
 ┌ 「マヨネーズメーカーの巧みな販促」の詳しい話はこちら!
  http://www.tkcc.net/retail/4330/
  └              

             

------------------------------

■ [3]あとがき

------------------------------


 ノンアルコールビールを飲む理由は「運転するから」
 という回答が圧倒的に多いと思っていましたが、
 日経BizGateで意外な結果が紹介されていました。


 それは、口コミから飲用を5つのシーンに分類した結果で、
 家での食事中が44%、運転があるときが16%、
 休肝日が15%、外食中が15%、お風呂上がりが10%でした。


 家での食事中になぜ、ノンアルコールビールを飲むのか。
 

 それは、料理を作る合間や夫がビールを飲むときに
 妻はノンアルコールビールを飲むといったもので、
 女性が習慣的に飲むそうです。


 ノンアルコールビールが登場したばかりの頃は
 辛辣な意見も多くありましたが、商品開発に注力した結果、
 消費者が満足できる商品となり需要が高まりました。


 最近では習慣的に飲むものとして活躍しているノンアルコールビール。
 ノンアルコール飲料にはビール以外にもさまざまな飲料が販売され
 選択肢の幅が広がり、消費スタイルや市場動向に注目です。

システム開発・アウトソーシングの高崎共同計算センター