2013/11/20発行 マーケットウェアネット [第84号]

 [おことわり] 文中に記載してあるURLは予告なくクローズされる場合があります。


★ ─────────────────── ─ ─ - -
    マーケットウェアネット [第84号]

   - - ─ ─ ─────────────────── ★
                    2013/11/20発行 №84


 こんにちは。高崎共同計算センターの水出です。


 ぼちぼち年末年始商戦が展開される時期です。

 

 消費増税が来年に控えている今、作業負担が懸念される
 プライスカードの売価表記や張り替え方法の情報などに
 目が行きがちになってしまいます。

 

 しかし、今年は消費税5%の最後の年末年始商戦です。
 来年は8%、再来年は10%になります。

 

 目先の作業に追われ、駆け込み需要は来年になってからと
 後回しになりがちかもしれませんが、
 消費税5%の年末年始商戦は今年が最後です。

 

 先を見据えて、販促イベントや企画を実施する事が
 大切だと改めて感じました。
 

 それでは、今月も宜しくお願いします。


┌*CONTENTS*──────────────────────────★

| [1]消費増税対応(プライスカード・POP・販促物)のご紹介

| [2]連載:海外の販促事例(80)急成長を続けるギフトプリペイドカード

| [3]あとがき

└────────────────────────────────★

※株式会社高崎共同計算センターから、当社営業が名刺交換をさせて
 いただいたお客様に、さまざまな情報をご案内しております。


 このメールは、等倍フォントにてご覧になることをお勧めします。


------------------------------

■ [1]消費増税対応(プライスカード・POP・販促物)のご紹介

------------------------------


 2014年4月1日から消費税率が8%に変わります。


 消費税率の変更に伴い小売店では、
 プライスカードやPOSの見直しなど様々な作業が発生します。


 そこで、手間の掛かるプライスカードやPOPの作成などは、
 弊社にお任せください。 
 

 プライスカード・POP作成の専門業者として長年培ってきたノウハウと、
 消費税総額表示対応を経験した専任スタッフ、整った環境設備により、
 自信を持ってお客様の消費増税対応をサポート致します。


 また、消費増税の影響で対応しきれない販促物、
 増税前の駆け込み需要、増税後の購買喚起を狙った企画の
 販促物なども作成致します。
 

 詳しくは、下記をご覧ください。


 ┌ 「消費増税対応」の詳しい話はこちら!
  http://www.tkcc.net/products/4505/ 

 └              
            

------------------------------

■ [2]連載:海外の販促事例(80)急成長を続けるギフトプリペイドカード

------------------------------


 近年、急成長を続けているギフトプリペイドカード市場。
 

 コンビニエンスストアの入り口付近やレジ周辺の
 目を引くスペースで多数陳列されていることが多く、
 需要の高い商品ということがわかります。


 最近ではコンビニエンスストアだけでなく、
  スーパーマッケット等でも取扱う店舗が増えてきました。

 

 今後さらに市場が拡大すると予想されるギフトプリペイドカード。
 今回は、概要とギフトプリペイドカードの先進国とも言える
 アメリカの事例を紹介します。

  
 ┌ 「急成長を続けるギフトプリペイドカード」の詳しい話はこちら!
  http://www.tkcc.net/retail/4441/

 └              

             

------------------------------

■ [3]あとがき

------------------------------

 

 先日、幕張メッセ 国際展示場で行われた
 リアル脱出ゲームに参加しました。


 リアル脱出ゲームは、SCRAPが企画・運営を行う、
 会場に隠された様々なヒントから制限時間内に謎を解いて
 脱出する参加型ゲームイベントです。


 2007年以降、日本各地で開催されており、
 成功率は数パーセントということも多いほど、
 極めて難易度の高いゲームです。


 実際に参加してみましたが、
 なかなか謎を解くことができませんでした。


 ゲーム終了後の解説を聞くと納得すると共に
 悔しさを覚え、ゲームの楽しさにのめり込みました。
 

 成功率が低い解けそうで解けない謎解きが、
 飽きさせない秘訣なのかなと感じました。

システム開発・アウトソーシングの高崎共同計算センター