エレベーターを活用した販促

エレベーターに乗ると無意識のうちに階数表示を見てしまう。



 


今に始まったことではありません。
誰かに教えてもらった訳でもありませんが、物心がついた頃には
エレベーターに乗るとしばしば階数表示を見ていたように思います。


これと同じ様な現象として、
満員電車に乗ると何となく中吊り広告を見てしまうということがあります。
皆さんもこんな経験はありませんか?


この行動には理由があり、相手が自分に近づくことを許せる、
自分の周囲の空間「パーソナルスペース」が関係してくるそうです。
このパーソナルスペースに他人が侵入してくると、不快感や嫌悪感を感じます。
逆に親しい相手や好意を寄せている相手でれば、容易に受け入れることができます。


アメリカの文化人類学者エドワード・ホールは、
この相手との距離感を4つの距離帯に分類しました。



上の図が4つの距離帯になります。
それぞれ下記のような意味があります。


  密接距離(intimate distance):0~45cm
  ・ 身体に容易に触れることができる距離
  ・ 家族や恋人、ものすごく親しい人だけが近づくことを許される距離
  ・ 上記の人以外が近づくと不快感を伴う


   


  固体距離(personal distance):45~120cm
  ・ 二人の人がお互いに手を伸ばせば相手に届くか届かないかという距離
  ・ 友人同士のおしゃべりにとられる距離


   


  社会距離(social distance):120~350cm
  ・ 身体に触れることができない距離
  ・ 改まった場や仕事で上司と接するときにとられる距離


  公衆距離(public distance):350cm以上
  ・ 講習会や公式な場での対面のときにとられる距離


これらの距離は文化や性別、置かれている状況によって多少変わってきます。
ちなみに女性よりも男性の方がパーソナルスペースは狭いと言われ、
男性の方が人ごみを嫌う傾向にあるようです。


以上より、エレベーターの内側の広さはほとんどが固体距離程度であり、
エレベーターに乗る人が多いほど、人と人との距離は狭くなり不快感を覚えます。
そういったことから、エレベーターに乗ると無意識の内に
別のものに集中させることで居心地の悪さを緩和させているのです。
満員電車で意味もなく中吊り広告を見てしまうのも、このひとつです。


ですから、電車の中吊り広告やエレベーター内の広告は
無意識の内に見てもらえる可能性が高く効果があると言えそうです。
そこで、エレベーターを活用した広告や販促について調べてみました。
日本では広告募集を行っているサイトやデジタルサイネージを活用した販促などがありましたが、
あまり展開されていないようです。


では、海外ではどうか。
海外ではエレベーターの内側や外観などをうまく活用し、
ユニークな広告が多く展開されていました。
その中で今回は、エレベーターという上下に移動する特徴を十分に活かした販促をご紹介します。



 疑似体験で集客アップ


  
 (http://adsoftheworld.com/media/ambient/swiss_skydive_free_fall[英文]より)


この写真はスイスのスカイダイビング学校「Swiss Skydive」が生徒募集のために、
エレベーター内の床一面を利用した広告です。
以前大規模な販促活動を行いましたが、効果が表れにくかったために、
小規模で事業内容を有効に活用できそうなエレベーターに広告を掲示しました。


広告のデザインは至ってシンプル。
スカイダイビングをした時に見えるような上空写真に、
「Swiss SkydiveのURL」と「PARACHUTE SCHOOL」と1行入っただけのパネル。


広告を掲示したエレベーターは写真にあるような高度はなく、
上下しても写真がそれに合わせて変わるわけでもありません。
しかし、エレベーターに乗った人は足元の写真に驚き、
上下するのと同時にスカイダイビングと似たような感覚を味わうことができるのです。
さらにURLを描くことで、興味を持った人が
Swiss Skydiveのサイトにアクセスできるように誘導しています。


このように似たような光景や場面をリンクさせることで想像心を駆り立て、
低コストで深い印象を与えるということを利用した良い広告と言えます。


またこの販促は、純粋にエレベーターの広告だけで効果があったという訳ではありません。
国内外から取材が殺到し、エレベーターの広告とSwiss Skydiveを取り上げたために
低コストで非常に大きな宣伝効果を上げることができたのです。


コスト面を考えた時にはパネルが一番なのかもしれません。
しかし、今後エレベーターの上下に合わせて光景が変化するような実写モニターを設置することで、
今以上の販促効果を上げることができるように思います。



日本ではエレベーターにポスターやチラシなどの広告が掲示されているものの
あまり有効には使われていないように思います。


エレベーターの設置されている建物によっては、利用する人を特定することができます。
また公共施設であれば不特定多数の人に告知できる立派なツールにもなります。
エレベーターの特徴や乗った時の心理状況を十分に活用した広告を展開することで
話題性や集客アップなどの効果が期待できます。


例えば、エレベーター待ちをしている時、階層のボタンを押す前に
広告が目に留まれば店舗に誘導できる可能性があります。


どのタイミングでどんな広告を掲示すれば効果が得られるのか。
自社のエレベータを集客するツールにしてみるのもよいのかもしれませんね。



2010/07/21 作成

システム開発・アウトソーシングの高崎共同計算センター