2014/08/27発行 マーケットウェアネット [第93号]

 [おことわり] 文中に記載してあるURLは予告なくクローズされる場合があります。


★ ─────────────────── ─ ─ - -
    マーケットウェアネット [第93号]

   - - ─ ─ ─────────────────── ★
                    2014/08/27発行 №93


 こんにちは。高崎共同計算センターの水出です。
 

 先月下旬、博報堂消費税対策研究プロジェクト
 「増税後の主婦の消費意識」調査がWeb上に公開されました。


 その中の買い控えに関する調査結果によると、
 買い控えをした人は57.6%でした。
 その理由には、価格が上がった以外に、
 商品の値ごろ感が分からなくなった、価格表示が分からなくなったことも
 買い控えの理由として挙がっていました。


 これを見ると、価格表示も買い控えの誘因であることが言えます。
 ニュースなどでもちらほら取り上げられていますが、弊社のお客様の中にも
 増税後に価格表示を変更された小売企業様がいらっしゃいます。


 増税から5ヶ月が経とうとする今、
 買い控えの原因が価格表示にあるのかもしれないという目線で、
 再度プライスカードやPOPを見直してみることも必要かもしれませんね。

 
 それでは、今月も宜しくお願いします。


┌*CONTENTS*──────────────────────────★

| [1]ラミレスポップのご紹介

| [2]連載:海外の販促事例(89)食品破棄対策として生まれた販促

| [3]あとがき


└────────────────────────────────★

※株式会社高崎共同計算センターから、当社営業が名刺交換をさせて
 いただいたお客様に、さまざまな情報をご案内しております。


 このメールは、等倍フォントにてご覧になることをお勧めします。


------------------------------

■ [1]ラミレスポップのご紹介

------------------------------


 プライスカードやPOPのラミネート加工、手間になっていませんか?


 弊社が初めてオリジナル耐水紙として開発した『ラミレスポップ』。
 平成12年の販売開始から約14年が経過した現在も、
 用紙のコシ、光沢感といったラミレスポップならではの
 質感にご好評をいただき多くのお客様にご使用いただいております。

    
 ラミネート加工不要で長期間使用出来るため、
 材料費・人件費のコスト削減はもちろんのこと、
 今までラミネート加工に費やしていた時間を別の作業に
 充てることが出来るため作業効率も大幅にアップします。


 サイズ展開も長尺サイズからミシン目で簡単にカット出来るB8等の
 小さなサイズまで豊富に取り揃えております。


 用紙販売も行っておりますので、
 まずはお気軽にお手持ちのレーザープリンタでお試しいただき、
 ラミネート加工不要の手軽さを実感してください。


 ┌ 「ラミレスポップ」の詳しい話はこちら!
  http://www.tkcc.net/products/1715/#lamilesspop

 └           
         

------------------------------

■ [2]連載:海外の販促事例(89)食品破棄対策として生まれた販促

------------------------------


 今回は今年のカンヌライオンズの受賞作品のひとつである、
 フランスの大手スーパーマーケットIntermarcheが
 展開した販促をご紹介します。


 フランスでは見た目が悪い(規格外)野菜や果物は、
 生産者の手を離れることがなかったり、売れ残ってしまい
 その多くが破棄されているのが現状です。


 こうした食品破棄問題に目を向け、見た目の悪い野菜や果物を
 生産者から積極的に買い取り、大々的に売り場を設け、
 消費者が興味を引くような販促物をたくさん作り、価格を下げて販売。

 
 さらにSNS等の活用もあり、その結果、
 来店者数の増加、品切れ続出などでこの販促が話題になると共に、
 食品破棄問題の実情に関する認知度も確実に高まったと言えます。


 この販促の詳しい内容は、下記からご覧ください。

 

 ┌ 「食品破棄対策として生まれた販促」の詳しい話はこちら!
  http://www.tkcc.net/retail/4817/

 └             


------------------------------

■ [3]あとがき

------------------------------


 冒頭でも触れました「増税後の主婦の消費意識」調査結果の中の
 増税後の家計に関する意識について見ると、
 「メリハリ消費」の傾向にあるということが書いてありました。


 「高いものを買うときには、計画的に選ぶ」、
 「安全性や耐久性を考える」、
 「食材の産地や品質にこだわるようになった」など、
 安ければよいという発想よりは、高くてもきちんと考えてよいものを
 選びたいといった消費をしようとする意識が高い結果でした。


 この結果から、消費者にしっかり商品情報を提供すること、
 選ぶきっかけや買う理由をしっかり伝えることが大切だと感じました。


 それと同時に増税後の今、消費者の興味や共感、納得につなげて
 購買意欲を引き出す機能を持ったコトPOPの必要性を
 再認識させられました。

システム開発・アウトソーシングの高崎共同計算センター