2014/12/25発行 マーケットウェアネット [第97号]

 [おことわり] 文中に記載してあるURLは予告なくクローズされる場合があります。


★ ─────────────────── ─ ─ - -
    マーケットウェアネット [第97号]

   - - ─ ─ ─────────────────── ★
                    2014/12/25発行 №97


 こんにちは。高崎共同計算センターの水出です。 


 今年も残すところ一週間をきりました。


 毎年恒例の今年の世相を表す漢字に、今年は「税」が選ばれました。


 今年4月に消費税率が5%から8%へ引き上げられたことに加え、
 10%への引き上げ時期の検討や軽減税率導入の可否といった
 今後の消費税に関する議論が行われたことなど、
 私たちの生活に直接関わっていたことが大きな理由と言えます。

 
 小売業様でも消費増税時はPOSの対応や値札の張り替えなど
 影響は大きく、増税後は多くの企業で売価表示方法の検討が行われ、
 さらに10月には免税制度の改定もあり、
 「税」に密着していた一年であったように感じます。


 来年からは予定されている消費税率10%への引き上げに関する
 様々なことが検討され始めます。


 もうしばらく「税」と向き合う期間がありそうですね。

  
 それでは、今月も宜しくお願いします。


┌*CONTENTS*──────────────────────────★

| [1]展示会出展のお知らせとアンケートのお願い

| [2]連載:海外の販促事例(93)ギフトカードで既存顧客維持販促

| [3]あとがき


└────────────────────────────────★

※株式会社高崎共同計算センターから、当社営業が名刺交換をさせて
 いただいたお客様に、さまざまな情報をご案内しております。


 このメールは、等倍フォントにてご覧になることをお勧めします。


------------------------------

■ [1]展示会出展のお知らせとアンケートのお願い

------------------------------


 来年3月、リテールテックJAPAN2015に出展します。


 今回は、視線を集めるPOPや見やすいPOPのご提案から
 販促物や什器などの売り場全体のご提案まで、
 御社の売上アップに貢献する売り場をテーマに出展します。


 そこで、展示会出展のお知らせと
 展示会でご紹介予定の視線を集めるPOPについて
 ほんの少し触れてみました。

 
 そして、今まで定期的に行ってきた社内アンケートに加え、
 初の試みである社外アンケートも実施することとなりました。


 プライスカードとPOPに関する
 数問程度の簡単なアンケートになっております。
 是非、ご意見をお聞かせ下さい。
 ご協力の程、宜しくお願い致します。


 ┌ 「展示会出展のお知らせと簡易アンケート」はこちら!
  http://www.tkcc.net/retail/4936/

 └           
         

------------------------------

■ [2]連載:海外の販促事例(93)ギフトカードで既存顧客維持販促

------------------------------


 贈り物の代名詞と言えるギフトカード。


 アメリカの大手総合スーパーTargetはBlack Fridayに
 ギフトカードを活用して既存顧客を維持する販促を展開しました。


 年明けにはバレンタインやホワイトデー、卒業、入学、
 母の日、父の日など、贈り物をする機会がグッと増える時期。


 自社の店舗でのみ使えるギフトカードを活用して、
 新規顧客の獲得、既存顧客の維持を目指すのも
 よいのではないでしょうか。


 既存顧客を維持する販促の詳しい内容は下記をご覧ください。

 

 ┌ 「ギフトカードで既存顧客維持販促」の詳しい話はこちら!
  http://www.tkcc.net/retail/4925/

 └             


------------------------------

■ [3]あとがき

------------------------------


 今年一年を振り返ってみると、
 消費増税対応に始まり、6月に高崎本社の社屋移転、
 10月には大阪プロダクション・ベースの開設など
 変化の激しい一年でした。


 この目まぐるしい変化の中、無事に新年を迎えることができます。
 これもひとえに、皆様のお力添えのおかげだと深く感謝しております。


 来年はこの変化に順応し、より活用できるよう改善を図り、
 より身近な企業として様々なご提案やお役に立てる情報提供を
 行っていけるよう努めてまいります。


 さらに心機一転、新たなことにもチャレンジし
 飛躍できる年にしたいと考えておりますので、
 今後とも弊社を宜しくお願い申し上げます。

システム開発・アウトソーシングの高崎共同計算センター