2015/10/29発行 マーケットウェアネット [第103号]

 [おことわり] 文中に記載してあるURLは予告なくクローズされる場合があります。


★ ─────────────────── ─ ─ - -
    マーケットウェアネット [第103号]

   - - ─ ─ ─────────────────── ★
                    2015/10/29発行 №103


 こんにちは。高崎共同計算センターの水出です。 


 年々ハロウィンが大きく取り上げられるようになり、
 今年はハロウィン当日が土曜日ということで、
 イベント開催のチラシなども頻繁に見かけ
 例年以上の盛り上がりを見せています。


 そうしたハロウィンが終わると、
 クリスマス、年末年始商戦が始まってきます。


 今年のクリスマスは金曜日で、
 友人や家族でパーティーを行う人が多いと予想されています。
 店頭では早くもケーキやオードブルの
 予約販売の販促物を見かけます。


 今年最後のイベント。
 曜日にも恵まれているので売上増加を目指し、
 関連商品の訴求や販促キャンペーンの展開などに
 より一層力を入れてみてもよいのではないでしょうか。


 それでは、今月も宜しくお願いします。


┌*CONTENTS*──────────────────────────★

| [1]お歳暮ギフト売り場支援グッズ・サービスのご紹介

| [2]連載:海外の販促事例(97)デジタルサイネージ事情

| [3]あとがき


└────────────────────────────────★

※株式会社高崎共同計算センターから、当社営業が名刺交換をさせて
 いただいたお客様に、さまざまな情報をご案内しております。


 このメールは、等倍フォントにてご覧になることをお勧めします。


------------------------------

■ [1]お歳暮ギフト売り場支援グッズ・サービスのご紹介

------------------------------


 年末が間近に迫り百貨店やスーパー各社のお歳暮商戦が
 本格化してきました。


 近年はインターネットからの注文が増加傾向にあり、
 通販事業を強化する企業が多いようです。
 弊社ではギフト特有の煩雑な処理や管理を簡素化する
 通販業務向け顧客管理・販売管理システム『田舎主義』を
 取り扱っております。


 また、とある百貨店ではカタログをスマートフォンで
 読み取ると通販サイトに移行するサービスを導入したり、
 全国展開するスーパーでは地域別のカタログを作成したりと、
 各社カタログにも工夫を凝らしている様子が伺えます。
 カタログのデータをパネルやポスター用に加工して
 手軽に大型販促物を作成するのもお勧めです。


 その他商品画像入りのPOPや注文カードなど、
 弊社はギフト販売に関連する様々なツールを取り扱っております。
 お歳暮商戦の販促物作成は是非弊社にお任せください。


 ┌ 「お歳暮ギフト売り場支援グッズ・サービス」の詳しい話はこちら!

  http://www.tkcc.net/products/3085/

 └ 


------------------------------

■ [2]連載:海外の販促事例(97)デジタルサイネージ事情

------------------------------


 先月、『デジタルサイネージ市場総調査 2015』が発刊されました。
 この調査は、活況を呈しているデジタルサイネージの
 国内市場について、システムや広告、運用など
 網羅的に調査した結果をまとめた内容になっています。


 デジタルサイネージは設置コストや運用コストが
 実用レベルに達したことから導入しやすい環境となり、
 ここ数年で市場は大きな成長を見せています。


 その反面、コンテンツ制作に苦労していたり、
 活用できていないといった声も挙げられています。


 そこで今回はデジタルサイネージの国内市場と
 海外のデジタルサイネージを活用した戦略についてご紹介します。


 詳しくは以下からご覧ください。

 

 ┌ 「デジタルサイネージ事情」の詳しい話はこちら!
  http://www.tkcc.net/retail/5137/

 └        

     

------------------------------

■ [3]あとがき

------------------------------


 来月19日はボジョレーヌーボー解禁日。


 ここで注目したいのが、
 その年のボジョレーの出来栄えを表すキャッチコピー。


 キャッチコピーは、ボジョレーワイン委員会が試飲して評価を行い、
 それをフランス食品振興会がプレリリースとして発表します。
 そして少し脚色を加えた日本語訳が世間に出まわっています。


 そのコピーは「10年に一度の逸品」、「ここ数年で最高」など
 購買意欲を高めるようなコピーとなっているだけでなく、
 話題性を持っているとも言えます。


 今年はどんなキャッチコピーなのか楽しみであると共に、
 キャッチコピーを絡めた販促企画も面白いのではないかと
 ふと思う今日この頃でした。

システム開発・アウトソーシングの高崎共同計算センター