2015/12/22発行 マーケットウェアネット [第104号]

 [おことわり] 文中に記載してあるURLは予告なくクローズされる場合があります。


★ ─────────────────── ─ ─ - -
    マーケットウェアネット [第104号]
   - - ─ ─ ────────────────── ★
                     2015/12/22発行 №104

 
 こんにちは。高崎共同計算センターの水出です。

 

 今月1日、アメリカニューヨーク市で
 塩分表示の義務付けが施行されました。
 詳しくは、今回の海外の販促事例をご覧ください。

 

 今年に入り、国内でも岩手県では毎月28日は
 「いわて減塩・適塩の日」が設定されたり、
 高知県では「減塩プロジェクト」が開始されています。
 後者ではプロジェクトに参加している企業が、
 減塩商品の紹介や料理の提案、弁当や総菜の減塩化に取り組み、
 減塩を啓発する販促物で、減塩の訴求に力を入れています。


 これからの季節、減塩は訴求ポイントです。
 お正月に食べるおせち料理は保存がきくように
 たくさんの塩が含まれています。
 続く忘年会、クリスマスと年末年始は無意識のうちに
 たくさんの塩分を摂取しています。
 そして、その後はお正月太り対策として減塩が訴求できます。


 これからの時期、健康面を配慮した付加価値訴求は
 消費者側にも小売店側にもメリットがあると言えそうです。 


 それでは、今月も宜しくお願いします。


┌*CONTENTS*―――――――――――───── ─ - -★

| [1]増税前に見直しておきたいシステム製品のご紹介
| [2]連載:海外の販促事例(98)Free Fromで付加価値訴求
| [3]あとがき

└─────────────────────── ─ - -★

※株式会社高崎共同計算センターから、弊社営業が名刺交換をさせて
 いただいたお客様に、さまざまな情報をご案内しております。


 このメールは、等倍フォントにてご覧になることをお勧めします。


————————————————————
■ [1]増税前に見直しておきたいシステム製品のご紹介
————————————————————


 消費税率10%への引き上げが少しずつ近づいています。
 今回は、軽減税率の導入なども検討されており、
 8%の増税時よりも幅広い対応が予想されます。


 そのひとつにプライスカードやPOPの表記方法が挙げられます。
 税率8%への増税時よりも多岐にわたることが想像でき、
 だからこそ、POPシステムの見直しが必要になります。


 他にも、損益管理は一層複雑になってくることが予想され、
 リベート管理にも目を向ける必要が出てきます。


 増税まで1年となる2016年は基幹周りの整理を考えているという
 企業様の声も多く聞こえてきます。


 弊社は少しでも小売企業様が安心して増税を迎えられるように
 サポート致します。
 各システム製品については、以下をご覧ください。

 
 ┌ 多機能なPOPシステム「アンカー・ポップ・システム」はこちら!
  http://www.tkcc.net/products/1865/
  └ 
 ┌ リベート業務の見える化を実現、発生主義による管理実現を目指す
    「リベート管理システム」はこちら!
  http://www.tkcc.net/products/136/
  └ 
 ┌ 「増税前に見直しておきたいシステム製品のご紹介」はこちら!
  http://www.tkcc.net/dl/details.php?image_id=361
  └ 


———————————————————–
■ [2]連載:海外の販促事例(98)Free Fromで付加価値訴求   
————————————————————


 冒頭でも触れました、アメリカニューヨーク市で
 施行された塩分表示の義務付け。

 
 アメリカ国内で15店舗以上を展開する外食チェーンが対象で、
 1日の塩分摂取量として推奨されている2.3グラムを超える
 メニューにはマークを表示させなければなりません。
 塩分の含有量を把握できるようにし、
 摂取量を抑えることを目的としています。


 アメリカでは食品の格付けやラベル表示などの導入が進んでいます。
 そこで今回は食品トレンドのひとつである
 「Free From」についてご紹介したいと思います。


 Free Fromは付加価値を訴求できる言葉として
 積極的に使われ、現在注目されています。


 Free Fromの種類、販促など詳しくは以下をご覧ください。 


 ┌ 「Free Fromで付加価値訴求」の詳しい話はこちら!
  http://www.tkcc.net/retail/5155/
  └ 


———————————————————–
■ [3]あとがき
————————————————————


 今年一年を振り返ると、
 ニュースレターからのアンケート調査など
 新たな試みが実現できた一年だと思っています。


 これもひとえに、皆様のお力添えのおかげだと深く感謝しております。
 頂いたご意見・ご感想等は真摯に受け止め、
 ニュースレターやビジネスブログに反映していきたいと思います。


 来年は検討されている軽減税率の詳細が確定していきます。
 その辺も踏まえた世の中の動きや小売企業の取り組みなど
 お役に立てる情報提供を迅速に行っていけるように努めてまいります。


 今後とも弊社を宜しくお願い申し上げます。

システム開発・アウトソーシングの高崎共同計算センター