2016/02/24発行 マーケットウェアネット [第105号]

 [おことわり] 文中に記載してあるURLは予告なくクローズされる場合があります。


★ ─────────────────── ─ ─ - -
    マーケットウェアネット [第105号]
   - - ─ ─ ────────────────── ★
                     2016/02/24発行 №105

 
 こんにちは。高崎共同計算センターの水出です。

 

 昨年末に公開された「平成28年度税制改正大綱」。
 そこには、消費税率10%への引上げを
 平成29年4月に確実に実施すること。
 その際、軽減税率制度を導入すること。


 また、軽減税率の対象品目は飲食料品(酒税法に規定する酒類と
 外食サービスを除く、食品表示法に規定する食品)と
 定期購読契約が締結された週2回以上発行される新聞が
 該当することなどが記載されていました。 


 消費税率引き上げまで約1年となった今でも
 まだまだ不確定や曖昧な部分が多く、
 施行日までに細々したことが決まっていきます。


 これからの動きや情報に常にアンテナを張り巡らせ、
 今年も迅速に情報提供をしていきたいと思います。


 それでは、今月も宜しくお願いします。


┌*CONTENTS*―――――――――――───── ─ - -★

| [1]リテールテックJAPAN2016出展のご案内
| [2]連載:海外の販促事例(99)諸外国の軽減税率と売価表記と販促
| [3]あとがき

└─────────────────────── ─ - -★

※株式会社高崎共同計算センターから、弊社営業が名刺交換をさせて
 いただいたお客様に、さまざまな情報をご案内しております。


 このメールは、等倍フォントにてご覧になることをお勧めします。


------------------------------
■ [1]リテールテックJAPAN2016出展のご案内
------------------------------


 第32回流通情報システム総合展「リテールテックJAPAN2016」が
  3月8日(火)から11日(金)まで,東京ビッグサイトで開催されます。
 流通・小売業界向けの決済、マーケティング、インバウンド対応、
 物流などのソリューションを提供する代表的な企業が一堂に会し、
 活発な情報発信を行う展示会です。


 本展示会の特別企画展「リテール・デジタルサイネージ&POP2016」に
 弊社は『増税対応』をコンセプトに今年も出展いたします。


 消費税率8%への引き上げ時に実績のある弊社が 
 増税前の売り場販促を商品棚を設置してご提案いたします。
 その他、売価表記方法のご紹介や現段階での増税情報に関する資料を配布。


 そして、増税前に見直しておきたいシステム製品のご紹介、
 一部システム製品はブース内のパソコンで実際に画面を見て触れて、
 操作性を体感していただくこともできます。

 
 他にもたくさんの販促物やサンプル等を準備しておりますので、 
 お時間の都合がつきましたら、ぜひお越しください。
 皆様のお越しをスタッフ一同、心よりお待ちしております。


 【リテールテックJAPAN2016】
  日時:2016年3月8日(火)から11日(金)
     午前10時から午後5時(最終日のみ午後4時30分)


  場所:東京ビッグサイト 東1・2ホール
     弊社ブース:小間番号「RT1205」 東1ホール
     特別企画展「リテール・デジタルサイネージ&POP」ゾーン


 
 ┌ 「リテールテック JAPAN 2016」弊社特集ページはこちら!
  http://www.tkcc.net/retail/5202/
 └ 
 ┌ リテールテック JAPAN 2016オフィシャルサイトはこちら
  https://messe.nikkei.co.jp/rt/
 └ 


------------------------------
■ [2]連載:海外の販促事例(99)諸外国の軽減税率と売価表記と販促   
------------------------------


 冒頭でも触れました、軽減税率制度の導入。

 
 日本と海外では文化の違いや異なる部分も多くありますが、
 少しでも参考になればと諸外国の軽減税率における売価表記と
 販促についてご紹介します。


 まずはヨーロッパ諸国の税率と売価表記。
 そして2015年4月に物品・サービス税が導入された
 マレーシアでの売価表記や販促活動をご紹介します。


 多くの国で税制度が新たに導入されたり、変更される場合は、
 プライスカード・POPの表記方法や見せ方を見直し、
 駆け込み需要や買い控え対策の販促などを行っている
 傾向があると言えます。

 
 売価表記や販促などの詳しい内容は以下をご覧ください。


 ┌ 「諸外国の軽減税率と売価表記と販促」の詳しい話はこちら!
  http://www.tkcc.net/retail/5187/
 └ 


------------------------------
■ [3]あとがき
------------------------------


 2月11日、スーパーマーケットトレードショーに行ってきました。


 その中のひとつに機能性表示食品コーナーがあり、
 消費者庁に届け出されている全商品が展示されていました。


 中でも注目したいのが、生鮮商品が届け出されたこと。
 サプリやその他加工品が圧倒的に多い中、
 三ケ日みかん、大豆イソフラボン子大豆もやし、ベジフラボン
 3品の生鮮商品の展示がありました。


 大豆もやしは昨年の10月から全国のスーパーなどで
 「骨の健康が気になる方に」と表示して販売。
 具体的な機能をうたえるため、取り扱うスーパーも増えたそうです。


 もやしの栄養はこれまで意識されることは少なく、
 機能性を表示できるメリットは大きいと言われています。


 しかし、機能性が表示できるのは届け出されている商品のみで、
 すべてのもやしやみかんが対象ではありません。
 興味関心をもたせるアピールで購買意欲を高めつつも、
 誤解のないように分かりやすく訴求することが大切ですね。

システム開発・アウトソーシングの高崎共同計算センター