FOOT TYPE TEST AD ~ 靴選びのサポートをした雑誌広告 ~

「アツい夏こそ、キン冷えコーク!」をキーメッセージに、
暑い夏の日にキンキンに冷えたコカ・コーラの特別なおいしさを伝える
サマーキャンペーンが6月19日から全国規模でスタートしました。


キャンペーンに伴い、新TVCM『コールドサインボトル』編が全国で放映されており、
そのCMではコカ・コーラを冷やすとパッケージラベルの色が変わるシーンがあります。


このラベルには示温インクが使用されており、
冷えるとラベルの氷のイラストが浮き上がるようになっています。
コカ・コーラがおいしく楽しめる温度になったことを
ビジュアルでダイレクトに伝えたコールドサインボトルになっているとのことです。


キャンペーンやTVCMの詳細は公式ホームページでご確認ください。


 冷やすとラベルが変化!「コカ・コーラ」コールドサインボトル 6月19日から期間限定発売
 ”アツい夏こそ、キン冷えコーク!”2017年「コカ・コーラ」サマーキャンペーン 6月19日からスタート


他にも発泡酒のサッポロ極ZEROでは飲みごろを視覚的に知らせてくれるパッケージの
飲みごろお知らせ!極キン!缶が数量限定で発売される等、
示温インクを使った販促が多く見られます。


日本では示温インクを使って楽しめる販促を展開している一方、
海外では課題解決のために示温インクを使った販促が展開されました。
今回はブラジルで展開された示温インク(サーモクロミックインク)を活用した販促事例をご紹介します。


 

 FOOT TYPE TEST AD ~ 靴選びのサポートをした雑誌広告 ~

 

ブラジルでは自分の足にあっていない靴を履いてトレーニングをしている人が多くいるそうです。
このことに目を向けたのがブラジルにあるスポーツ用品メーカーのアシックスです。


自分の足に合っていない靴は、怪我や様々な症状を引き起こす可能性が高く、
この問題を解決するために、自分の足に合った靴を手軽に選べる販促を展開しました。


その名も「FOOT TYPE TEST AD」、足のタイプを測定できる広告です。



アシックスはスポーツ専門誌に、自分の足がどのタイプに当てはまるのか測定できる広告を掲載しました。
その広告には、温度によって変色する示温インクが使用されており、
広告の上に数秒立つと体温によって足の形がくっきりと浮かび上がります。



ここでの足のタイプとは、かかとが内側に傾いている回内足とかかとが外側に傾いている回外足、
かかとがしっかりと中心にある正常の3種類になります。


体温によって浮かび上がった形と広告に記載されている3種類のタイプから似たものを選び、
自分の足がどのタイプに当てはまるのか判断することができます。



より詳しい結果を知るためには専門家の相談が必要となりますが、
簡易的に自分の足について知ることができ、また靴選びの参考にすることが可能となります。


(画像はhttp://adsoftheworld.com/media/print/asics_foot_type_test [英文]より、動画の一部を抜粋)



最後になりますがこの販促は課題解決に貢献し、さらに体験型の雑誌広告として話題となり、
確実にブランドイメージ向上につながった斬新ですばらしいアイデアと言えます。


この販促は雑誌広告としてだけでなく、
店頭でも付加価値の提供として活用でき、集客する魅力のひとつとなりそうです。


日本では飲みごろ・食べごろを知らせるツールとしてや
お湯を注ぐとカップのイラストが変わる商品等の活用方法が多い示温インクですが、
今後、示温インクがどのように活用されていくのか、新たなアイデアが気になるところです。



2017/06/29 作成

システム開発・アウトソーシングの高崎共同計算センター