2007/08/14発行 マーケットウェアネット [第9号]

 [おことわり] 文中に記載してあるURLは予告なくクローズされる場合があります。


 ★ ─────────────────── ─ ─ - -
    マーケットウェアネット [第9号]
   - - ─ ─ ─────────────────── ★
                     2007/08/14発行 №09


 こんにちは。高崎共同計算センターの清水です。


 群馬も梅雨があけ、一気に夏になりました。
 この時期、毎年騒ぎになるのが熱中症です。今日も、朝から救急車に
 何度も抜かれました。暑さに参ってしまったのでしょう。

 
 環境省からも、熱中症対策の情報サイトが出されています。
 これを見る限り、屋外で運動してはいけない時間帯ばかりです。
 汗をかくと、体から水分と塩分が抜けてしまうので、こんなときは
 麦茶と梅干を取ることがお勧めだそうです。

 
 自由に飲んでもいいお水が、店頭にあったらうれしいですね。


 それでは、今月も宜しくお願いします。


┌*CONTENTS*──────────────────────────★

| [1]事例紹介・無料のサービス増加中
| [2]連載:海外の販促事例(8)テラカードとイタリア建築事情
| [3]あとがき

└────────────────────────────────★

※株式会社高崎共同計算センターから、当社営業が名刺交換をさせて
 いただいたお客様に、さまざまな情報をご案内しております。


 このメールは、等倍フォントにてご覧になることをお勧めします。


------------------------------
■ [1]事例紹介・無料のサービス増加中
------------------------------


 「無料」のものが多くなったと感じませんか。


 フリーペーパーやポケットティッシュをはじめ、筆記具や付箋といった
 文房具など、身近で使うものの多くが、質さえ問わなければ無料で
 手に入ります。


 フリーペーパーの類では、ゲド戦記の販促用に作成された
 『ゲドを読む』がちょっと話題になりました。
 5色展開されていて、お店にいかないと手に入らない文庫本タイプです。
 興味がわいたので、私も書店に出向き、黄色の冊子を頂いて来ました。


 さて、この「無料」、国内外問わずいろいろなサービスがあります。
 日本とアメリカの事例を、今月はご紹介します。


 ┌ 無料サービスの詳細はこちら! 
  この記事は公開を終了しました。

 └              

------------------------------
■ [2]海外の販促事例(8)テラカードとイタリア建築事情
------------------------------


 今月は、テラカードというグリーティングカードをご紹介します。


 このカードは、大地に見立てた厚いダンボールの間に、
 花や野菜の種と培養土が入っています。


 イタリア生まれですが、日本でも購入ができます。
 種はキュウリ、レンズ豆、トマト、朝顔、デイジー、ヒマワリの
 6種類です。90円切手を貼り、そのまま送れます。


 受け取った人は、圧縮された土を膨らませて種を植え、日々育てて
 いきます。素敵なグリーティングカードですね。


 このテラカードはイタリアの建築家、アレサンドロ・コロンボ&
 パオラ・ガルジブロの二人のアイデアから生まれました。


 なぜ「建築家」がグリーティングカードを作ることに
 なったのでしょうか。


 イタリアの建築に関する法律とあわせてご覧ください。


 ┌ テラカードとイタリア建築事情についてはこちら!   
  http://www.tkcc.net/retail/1901/

 └              

------------------------------
■ [3]あとがき
------------------------------


  会社帰りの電車の中で、盲導犬と一緒にいる初老の男性を見かける
 ことがあります。同じ駅で降りるので、ちょっと様子を見ていた所、
 パートナーの盲導犬に先導されながら、かなりの速さで歩いていきます。
 その様子は晴眼者となんら変わりがありません。
 人と犬とが信頼しあっているからこそ、迷いなく歩けるその様子に
 不覚にもじーんとしてしまいました。


  あの男性には、パートナーの姿は見えていないでしょうが、
 人は見たいものを見るものですから、単なる視覚という域を超え
 私たちが目で見るその比ではなく、盲導犬の姿をはっきりと
 感じ取り、見ているのかもしれないと思いました。


 どこまでも歩いていって欲しいと、心から願います。

システム開発・アウトソーシングの高崎共同計算センター