ビジネスブログ
ビジネスブログ
ビジネスブログ
海外の販促事例や聞きかじりの話題、社内アンケートの実施結果など、ちまたに溢れるニュースをご紹介しています。

着実に訴求できるPOP

2019
02/20
海外の販促事例

ホームセンターやペットショップ等でペット専用カートに愛犬を乗せ、
一緒に買い物を楽しむ人が増えているように感じます。
愛犬と一緒に買い物を楽しみたいといった消費者の声に応え、
専用カートを設置したり、抱っこでの入店を許可したりと対応している小売店が多くなったことがうかがえます。

今回は愛犬と一緒に買い物を楽しむ消費者をターゲットに、POPを活用した海外の販促事例をご紹介します。

 狙ったターゲットに目的の商品を着実に訴求できるPOP

アルゼンチンにあるホームセンター SODIMAC HOMECENTER は愛犬と一緒に買い物を楽しめるだけでなく、
セール商品を消費者に気付かせ手に取ってもらえるような工夫を凝らしたPOPを展開しました。

その販促は、まず犬が大好きなチキンやお肉、ハムのエッセンス(芳香油)を用意します。

そのエッセンスをセール商品のPOPに吹きかけ、取り付けます。

愛犬と一緒に買い物を楽しもうと店内に入ると、
愛犬は大好きな食べ物の香りがするPOPに向かって飼い主を引っ張っていきます。
カートに乗った愛犬も香りのするPOPに反応し、セール商品を飼い主に気付かせることができます。

これをきっかけに普段は行くことのなかった売り場に足を踏み入れたり、
見向きもしなかったような商品に気付くことができたり、手に取る機会を与えてくれます。

この結果、セール商品の売り上げは35%増加、販促展開後の週末の売り上げは14%増加、
普段回転率の低い商品の売り上げも22%増加しました。

(画像はhttps://www.adsoftheworld.com/media/experiential/sodimac_discount_doghounds[英文]より、動画の一部を抜粋)

最後になりますが、愛犬が興味を示すことで小売店側が訴求したい商品を飼い主に気付かせることができ、
愛犬と一緒に買い物を楽しむ消費者にとても効果的な販促だと言えます。

日本国内の小売店の店内ではリードを使って愛犬と一緒に歩くことは安全面や衛生面等の理由でできませんが、
狙ったターゲットに目的の商品を着実に訴求できるこのアイデアは印象深く、
別の場面や方法で応用できたらと期待感をつのらせています。

2019/02/20 作成