人間が、「賢く、幸せに生きるための知恵として情報を共有する」情報化社会で、当社は、人間が「愛情を頒ち合い、美しく無駄のない安定した社会の創造」のために
情報産業の一翼を担いたいと考えます。

経営理念

 

社是 八 隅 経 営

   一隅を照らし以って八隅天下を照らす

   社是「八隅経営」は、片隅を照らす努力を続ける一人一人が、
会社という組織に集まれば、一層大きな光の束となって、もっと
広い世界を照らし出す事ができる、言い換えれば、個人と会社
がより良き調和を保ちながら、企業活動を通じて社会に大きく
貢献できる、という願望に発しています。

高崎共同計算センター 社是シンボル
作:和南城孝志


八 聖 の 歌

作/故 「井上 安平」元会長

生  くらしのための 生業なれど
正  正しき知恵蒔き 人の心を耕し行けば
勢  気持ちも清しく 勢いづいて
盛  おのづと会社も 盛え行く
斉  男と女 斉しく力を合わせ
誠  誠心誠意 仕事に励めば
精  精進稔って 世のため人のためとなり
聖  遂には聖い仕事と誇りも高い会社とならん

このページの先頭に戻る

システム開発・アウトソーシングの高崎共同計算センター