博美(hakubi) - 博物館・美術館収蔵品管理システム

MuseCareシリーズ

ここがお薦め!
■博物館・美術館の事業をご担当する部門において、収蔵管理されている貴重な収蔵品、およびその画像・音声データ、作者データをデジタル化して一元管理が可能です。
■展示会の企画支援のための機能を利用し、作品の選択、並べ替え、作者一覧・作品一覧・作品詳細等の出力が可能です。

写真:岩宿博物館

(写真:岩宿博物館)

主な機能

作品情報 編集、簡易検索、詳細検索、データ一覧、画像一覧、詳細
作者情報 編集、詳細
展示会情報 編集、一覧、出品明細
展示会資料 作者一覧、作品一覧、作品詳細
管理業務 マスタ管理、アカウント管理、アクセスログ、データ出力、一括登録

取り扱うデータ

作品データ 作品番号、作品名、作品名_フリガナ、作品番号、製作年、技法・材質、形状・形態、サイズ、寄贈者、解説、特記事項、メモ_作成者、メモ_内容 等
作者データ 作者番号、作者名、作者名_フリガナ、生没年、解説 等
展示会データ 展示会番号、名称、会期、会場、資料表題、順番、作品番号、作者番号 等
画像データ 作品番号、画像_ファイル名、画像_イメージ、画像_サムネイル 等
音声データ 作品番号、音声_ファイル名、音声_サウンド、音声_再生内容 等

特徴

  1. FileMaker Pro 9.0以上、またはFileMaker Server 9.0以上で動作します。
  2. 起動時にアカウント・パスワードにより、使用者および処理権限の制御ができます。

    権限のレベルは、[管理] [入力] [閲覧] の3種類があります。

  3. 作品および画像・音声の登録は、規定フォーマットのExcelファイルに入力されたデータを取り込むことで行います。

    .xlsxはFileMaker Pro 11以上でサポートします。

  4. スタンドアローン版とサーバ版の2種類があります。
  5. カスタマイズの要件も承ります(別途ご相談ください)。

※FileMaker、ファイルメーカーおよびファイルフォルダロゴは、米国及びその他の国におけるFileMaker,Inc.の商標です。その他のすべての商標は該当する所有者の財産です。

システム開発・アウトソーシングの高崎共同計算センター