ビジネスブログ
ビジネスブログ
ニュースレター
海外の販促事例や聞きかじりの話題、社内アンケートの実施結果など、ちまたに溢れるニュースをご紹介しています。

2020/02/26発行 マーケットウェアネット [第129号]

2020
3/20
ニュースレター

★ ─────────────────── ─ ─ - -
マーケットウェアネット [第129号]
- - ─ ─ ────────────────── ★
2020/02/26発行 №129

こんにちは。高崎共同計算センターの水出です。

聞かない日はないというほど、
連日報道されている新型コロナウイルスに関するニュース。

昨年12月に中国の武漢市内で原因不明の肺炎が広がり、
今年1月に新型コロナウイルスであることが確認されました。

1月中旬には中国以外の国でも感染が確認され、
日本でも感染が確認されました。
今回の新型コロナウイルスも飛沫感染・接触感染で
ヒトからヒトへ感染することが判明。
WHOは新型コロナウイルスによる肺炎等の疾患について
「COVID-19(コービッド・ナインティーン)」と名付けました。

日本国内では2月1日より検査・入院に強制力を持たせる
「指定感染症」に定められ、国を挙げて感染拡大を防ぐ
体制づくりが進められています。

終息が見えない新型コロナウイルスですが、
まずは私たちが日頃からできるうがい手洗いを心掛け、
感染予防を実施していきたいと思います。

それでは、今月も宜しくお願いします。

┌*CONTENTS*―――――――――――───── ─ - -★

| [1]リテールテックJAPAN2020開催中止のお知らせ
| [2]レジ袋有料化!消費者への周知はできていますか?
| [3]あとがき

└─────────────────────── ─ - -★

※株式会社高崎共同計算センターから、弊社営業が名刺交換をさせて
いただいたお客様に、さまざまな情報をご案内しております。

このメールは、等倍フォントにてご覧になることをお勧めします。

————————————————————
■ [1]リテールテックJAPAN2020開催中止のお知らせ
————————————————————

弊社が出展を予定しておりました3月3日(火)から6日(金)まで
幕張メッセで開催が予定されていた第36回流通情報システム総合展
「リテールテックJAPAN2020」は新型コロナウイルスの
感染拡大を受け、主催者により中止が決定いたしました。

お客様には大変ご迷惑をおかけいたしますこと、深くお詫び申し上げます。
何卒ご理解を賜りますようお願いいたします。

出展予定であった総額表示対応やInforTab System(ESL・電子POP)に
ご興味をお持ちいただいている場合は、営業担当より
ご紹介させて頂きますのでお気軽にお問い合わせください。

┌ 「リテールテック JAPAN 2020」開催中止のお知らせ
https://www.tkcc.net/3203/

┌ 「リテールテック JAPAN 2020」公式ホームページ
https://messe.nikkei.co.jp/rt/

————————————————————
■ [2]レジ袋有料化!消費者への周知はできていますか?
————————————————————

今年7月から小売店を対象にレジ袋の有料化が義務付けられます。
消費者に身近なレジ袋を有料化することで、
プラスチックごみの削減に向けた意識改革を促すことが目的です。

レジ袋の使用を辞退する割合は有料化の場合が約8割、
値引きやポイント還元の場合が約4割と
有料化の方が効果が高いと環境省は発表しています。

レジ袋の価格は小売店で自由に設定することができますが、
1円未満は有料化にあたらないとして、
指針では1枚当たり2~5円程度の事例を紹介しています。

義務化の施行を前に、消費者へ周知しレジ袋を有料にしたり、
有料化の義務化・増加を告知しエコバッグの推奨を働きかけたり、
有料化の対象から外れる環境負荷が少ないレジ袋を開発する等、
各社様々な対応が見られます。

レジ袋有料化に関する消費者への周知に必要な
告知掲示物や販促物作成は是非、当社にご相談ください。

┌ 「販促物作成サービス」の詳しい話はこちら!
https://www.tkcc.net/products/317/

————————————————————
■ [3]あとがき
————————————————————

新型コロナウイルスに加え、花粉症シーズンも重なり、
マスク不足が気になる方も多いのではないでしょうか。

そうした中、マスクに関して気になる記事を見かけました。
それはマスクには裏と表があり、
意識して着用していない人が多いということ。

まず上下に関しては鼻周りの隙間を調整できる
ワイヤー(針金)がついている方が上になります。

そして、プリーツタイプの場合はプリーツ(折り目・ひだ)が
下を向いている方が表面(顔に接触しない側)になります。

プリーツが上向きで着用すると、折り目の段差部分に
空気中のウイルスやホコリ等がたまり、
自ら吸い込みやすい危険な状態になります。

また、ひもの接着面が外側に付いている方が表面になります。
顔とマスクの隙間を少なくすることで、
細菌等の侵入を遮断する効果が高まります。

マスクにはたくさん種類があり、メーカーにもよりますので、
説明書きをしっかり読んで正しく着用することが大切です。
正しい使用で、しっかり予防・対策していきたいですね。